幼児のアトピー

当院では、6歳以下のアトピーのお子さんの来院も割と多いです。

アトピーはアレルギーですので、体に入ってきた異物に対しての免疫の過剰反応になります。

毒素を皮膚から出している、デトックスでもありますので、悪いことではない。

と考えてよいと思います。

もしも皮膚から毒素を出せなければ、内臓が壊れてきますので。。

病気は何でもそうですが、必要だから自分で作っているものです。

その子がアトピーを作る原因が必ずあります。

栄養の問題や、体質、遺伝などもあるとは思いますが

もっと大きな問題が有ります。

それは

お母さんの状態です。

これはアトピーに限らず、6歳以下のお子さんの場合は、100%お母さんの状態が子供に出ている

と言っても良いと思います。

エネルギー的にみると、お母さんと小さい子は

一心同体=ひとつのものです。

妊娠中既に、胎児は感情を持っています。

お母さんが怖いと感じていれば、おなかの赤ちゃんも、怖いと感じています。

主語の喪失

胎児は母と自分の感情の区別がついていないのです。

生まれてからもしばらくは、その状態は続くと言われています。

要は、お母さんが抱えている問題が、そのまま弱い子供に出ている状態です。

ただ、間違えないでほしいのですが、お母さんが悪いわけではありません。

そう考えると、お母さん自身が自分を責めたりして、余計に子供の状態が悪化します。

大切なのは、お母さんに自分の抱えている潜在的な問題に気づいてもらうこと。

これが最も大切です。

問題とはお母さんが抱えているストレスが多いです。

ネガティブな信じ込みだったりすることも多いです。

ですので、アトピーに限らず小さいお子さんの施術は、必ずお母さんとセットで施術を受けていただきます。

3年ほど前、小学校4年生の子の治療をさせていただいたことが有ります。

小4なのに、毎日必ずおねしょをする。

学校行事で旅行があるので、みてほしいとのことでした。

その子の場合も、やはりお母さんが原因でした。

お子さんの治療はあまりやらなかったですが、3回お母さんを治療したら

おねしょは止まりました。

子供のアトピーは大人の場合よりもスムーズに結果が出てきます。

お母さんの問題を修正できると、ほとんどアトピーは無くなってきます。

お母さんが、色々と問題を溜め込まないことが、お子さんにとってとても大切です。